当院の外科は平成10年4月に開設しました。それ以来、定時手術はもとより救急手術にも対応しております。外科で主に扱う疾患は消化器外科の領域です。すなわち胃、十二指腸、肝臓、胆嚢、膵臓、小腸、大腸、直腸、肛門の様々な病気を扱います。癌の手術はもちろんのこと胆石、急性虫垂炎(よく盲腸の手術といわれます)、痔の手術PPH、硬化療法(ALTA)にも対応します。簡単に言えば泌尿器科、産婦人科領域以外の腹部の病気はすべて外科で診ます。その他に、乳腺、鼠径ヘルニアなども外科の領域です。さらに、早期胃癌、大腸癌に対する腹腔鏡手術、自然気胸に対する胸腔鏡手術も積極的に取り入れており、低侵襲手術を目指しています。

受診案内
・一般外来 月曜日(午後)、金曜日(午後)は休診です。(午前中は10時30分までにお越し下さい。午後は16時30分までにお越し下さい。)医師により受付時間が異なります。一覧表をご覧ください。
・乳腺外来火曜日(午前)は休診です。また午後は予約制とさせていただいております。手術等で休診となる場合もございますのでご了承ください。
・肛門外来月曜・金曜の午前です。
・ご不明な点は、午前中に外科外来にお問い合せ下さい。
外科ってなーに内痔核・直腸粘膜脱治療法<PPH>

副院長・外科部長■伊豆 稔

経歴: 昭和57年東京大学医学部卒業、東京大学医学部付属病院第一外科、麻酔科、胸部外科で研修、入局。
資格: 医学博士、外科学会専門医、消化器外科学会認定医、麻酔科標榜医。
専門: 消化器外科一般、特に肝臓、胆嚢、膵臓の手術。中でも腹腔鏡下胆嚢摘出手術は古くから手がけており、早期胃癌、大腸癌は腹腔鏡下手術で行っている。

外科部長■仲 秀司

経歴: 昭和60年東京大学医学部医学科卒業、
東京大学医学部附属病院にて研修、
帝京大学医学部附属市原病院勤務、
帝京大学医学部附属市原病院 助教授
資格: 日本外科学会指導医、日本消化器外科学会専門医

外科部長■大岡 出

経歴: 平成7年帝京大学医学部卒業、帝京大学医学部付属市原病院外科で研修、入局。
資格: 医学博士、日本外科学会認定医、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィー読影認定医、日本医師会認定健康スポーツ医。
専門: 消化器外科一般、痔の手術を多く手がけている。

ホームページに関するお問い合わせは  info@sannou.or.jp