形成外科

皮膚皮下腫瘍(良性・悪性)、血管腫、顔面外傷・顔面骨骨折、外傷や熱傷による皮膚欠損および瘢痕・ケロイド、腋臭症、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、陥入爪、外傷性刺青など、体表疾患や組織欠損を対象に、整容・機能の両面でより良いQOLを目指した治療を行っております。手技的には、個々の病態に最も適した修復・再建法を提唱し、キズアトを最小にする低侵襲手術、植皮、皮弁術、組織伸展法、筋・骨移植術などを駆使して対応いたします。また、顔や手足等の先天異常についてもご相談をお受けいたします。

診療内容

  • 良性腫瘍(顔面・四肢等の露出部およびその他の部位)
    母斑(色素性母斑、脂腺母斑など)、粉瘤、脂肪腫、血管腫、耳下腺腫瘍など
  • 皮膚悪性腫瘍
    基底細胞癌、扁平上皮癌、ボーエン病等の悪性腫瘍の治療
  • 瘢痕拘縮:
    顔面、四肢などの外傷、熱傷後瘢痕およびこれに伴う機能障害
  • 肥厚性瘢痕、ケロイド:
    外傷・熱傷後、手術痕など
    →内服、局注療法、手術およびこれらの併用療法。
  • 顔面外傷、顔面骨骨折:顔面挫創・裂創、鼻骨・頬骨・眼窩・上顎骨・下顎骨骨折など
    (脳外科管理を要するものはそちらが優先)
  • 新鮮熱傷に対する処置およびこれに伴う植皮術
    →全身管理を要する広範囲熱傷は外科との連携が必要です。
  • 軟部(悪性)腫瘍、乳癌:
    切除後欠損に対する被覆、再建(二次再建や乳房再建を含む)
    →整形外科、乳腺外科との連携
  • 外科に伴う手指皮膚軟部組織欠損
    →骨折、腱損傷のある場合は整形外科との連携が必要です。
  • 褥創、難治性潰瘍:
    仙骨部、大転子部、踵部、下腿など難治性の場合、保存的又は必要に応じて手術を行います。
  • 腋臭症、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、陥入爪、外傷性刺青
  • 顔や手足などの先天異常:
    唇裂・口蓋裂、副耳、多合指症、出べそなど
    →小児入院管理が必要ですので、手術は佐倉病院で行うことになります。

患者様が直接形成外科外来を受診することもありますが、皮膚科・整形外科・外科・眼科・耳鼻科・内科などからの依頼(入院患者の往診も含めて)も積極的に受け付けますので、宜しくお願いいたします。救急(外傷)患者も、初療各科より形成外科にご依頼いただければ幸いです。上記のうち、高度な手技や術後創管理を要するもの、小児等は佐倉病院で治療する場合もありますので、予めご承知おきくださいますようお願いいたします。また美容外科(二重瞼、フェイスリフト(しわ取り)、刺青除去など)の相談もできますが、自費であることや患者とのインフォームドコンセントが難しい場合が多いため、他施設への紹介となることがあります。

受診案内

9:00〜12:00
14:00〜17:00

※受付時間は『午後15:30』までとなります。
※15:30以降は手術のため休診になることがあります。

TOP