整形外科

膝関節の鏡視下手術

膝関節の鏡視下手術

膝関節は、大腿骨、脛骨・腓骨、膝蓋骨とその表面の軟骨で構成され、それぞれの骨は、いくつかの靭帯(前十字靭帯・後十字靭帯・外側側副靭帯・内側側副靭帯など)で結合されています。また、大腿骨と脛骨の間には、内側・外側一対の半月板があります。

膝の痛みは、加齢による軟骨等の摩耗が原因であることが多いのですが、成長期に起こる障害やスポーツ障害もあります。多くの痛みは、消炎鎮痛剤(痛みどめ)をはじめとする薬物療法、大腿四頭筋(膝を伸ばす筋肉)訓練などの理学療法、装具療法など手術以外の方法(保存療法と言います)で改善します。

しかし、膝を構成する組織の物理的な損傷がある程度以上進行すると、保存療法では、痛みとの折り合いがつきにくくなります。そういった場合に手術をお勧めすることになります。ここでは、当院での手術の対象となる主な疾患・障害について説明します。

半月板損傷

大腿骨と脛骨の間に、内外一対の半月板という軟骨でできたクッションがあります。このクッションは、荷重を分散し、膝全体で体重を受けられるようにする働きをしたり、膝の安定性に寄与したりしています。スポーツや外傷によって損傷がおき、損傷した半月板が痛みをもたらします。また、これといった外傷がなくても加齢変化により損傷が起こることもあります。MRIにより診断が可能で、関節鏡視下手術により、損傷した半月板を取り除く手術をします。損傷の状態によっては、縫合することもあります。

“取り除いて大丈夫なのか?”というご質問をよく受けますが、損傷した半月板は、荷重を分散する働きをしなくなっただけでなく、関節の動きを妨げてしまうので、“ない方がまし”とお答えしています。

加齢変化により半月板が損傷した場合、半月板のみが損傷しているわけではありません。半月板の上下にある大腿骨側の軟骨や脛骨側の軟骨もある程度損傷していますから、半月板を取り除く手術だけで痛みがなくなることはありません。手術によってどの程度の除痛が可能なのかをMRI等で判断することが大切です。半月板を切除するだけでは不十分な場合は、人工関節等の手術が必要になります。

靭帯損傷

膝の靭帯の中で、手術の対象となることが多いのが前十字靭帯です。この靭帯は、脛骨が前方にずれるのを制御したり、回旋(ねじれること)を制御する働きがあります。したがって、この靭帯を損傷すると膝が不安定になり、膝崩れ(膝がズレるような感じ)のような症状をもたらします。また、ゆるみが残ったような状態でスポーツ等を継続すると、膝の摩耗が加速し、二次的に半月板損傷を来したり、軟骨の摩耗を早めたりすることになります。これもMRIで診断が可能で、関節鏡視下手術により靭帯を再建(作り直すこと)する手術の対象になります。

関節遊離体

何らかの理由により軟骨や骨の塊が膝の中にでき、それが関節の中で動いている状態をいいます。ギアに小石が挟まった状態になると、強い痛みを来すことがあります。こういった状態が続くと関節の軟骨が破壊されることになりますので、早期に摘出する必要があります。

離断性骨軟骨炎

諸説ありますが、スポーツ等の繰り返される外力により、骨軟骨が剥がれ落ちる(剥がれ落ちそうになる)状態をいいます。病期によって手術の方法が変わりますが、ドリルで穴をあける方法や剥がれ落ちた(落ちそうになっている)骨軟骨片を固定する方法などがあります。MRIで早期の診断が可能です。

関節鏡視下手術

関節鏡という鉛筆の太さくらいの関節内をのぞく機械があります。この機械にカメラを取り付け、テレビの画面を見ながら手術を行います。小切開で手術が行えるので、術後の回復が早い利点があります。上記の疾患・障害は、この機械を使って手術できます。

TOP