看護部紹介

看護部紹介

看護部長メッセージ

山王病院は、「地域中核病院として信頼される医療の提供と地域の皆様の健康に貢献する」ことを使命として設立されました病院です。
看護部では、病院の設立趣旨に基づき「思いやりのある看護」を理念として、真心のこもった暖かなサービスの提供を心がけてまいりました。

近年の高齢化が進む地域の中では、一人一人の患者さんが治療を継続しながら病気と向き合って生活していくことが必要となりました。看護の役割はこれまでの病院内の診療の補助業務に加えて、在宅療養が継続できるよう支援することが求められています。
当院の看護の特徴は、5階の産科病棟から始まり8階の緩和病棟まで、人間の生命の誕生から、終末期の看取りまでの様々な場面に寄り添いながら、患者さんとそのご家族の皆様が安心して療養生活ができることにあります。
そのための看護活動として、退院支援チームとの連携を始め訪問看護ステーションとの連携、各施設との連携、ケアマネとの連携等、様々な職種との連携を図りながら、患者さんの思いと家族の意向を汲み取りながらその後の療養生活に結びつくよう努めています。

社会が求めるニーズに合わせた看護の役割を果たすことができるよう、看護部の院内教育は毎年の評価を繰り返しながら、計画しています。研修は受講生も指導者も共に成長できる学びの場として活用し、臨床の実践者として信頼される看護師育成を目標としています。

若い看護師のチーム力を発揮し、笑顔と優しさのある看護を提供している看護部です。
一緒に看護の道を歩みませんか。
見学はいつでもお受けいたします。ご連絡お待ちしています。

看護部部長 佐瀬けい子

看護部理念

思いやりのある看護 気づき、寄り添う心を持って

行動指針

1
安全で質の高い看護を目指します。
2
他部門との連携を深めチーム医療を実践します。
3
誕生から看取りまで個々のニーズに合わせた看護を提供します。
4
専門職業人として心・学・技の研鑚に努めます。
TOP