腎臓内科

検診などでたまたま発見される血尿、蛋白尿、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群などの原発性腎疾患、高血圧、糖尿病、膠原病、痛風などの全身性疾患に基づく二次性腎障害、急性、慢性腎不全など、診断確定につとめています。

早期発見と共に、初期より腎不全に至るまでの一貫した治療(食事療法、薬物療法、漢方療法、透析療法、生活指導など)を実施、腎疾患の改善、進行阻止対策に努力しています。(日本腎臓学会研修施設)


腎臓内科部長 腎センター長佐野 元昭

経歴:
昭和43年千葉大学医学部卒業、千葉大学第一内科入局、
筑波大学臨床医学系講師、帝京大学市原病院第3内科 助教授、
牛久愛和総合病院副院長、安房医師会病院副院長を経て現職
資格:
日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医、
日本透析医学会専門医、日本透析医学会指導医

腎臓内科部長 青木 康之

経歴:
平成6年帝京大学医学部卒業、
帝京大学付属市原病院にて研修
平成12年帝京大学大学院修了
資格:
医学博士
専門:
腎臓病、透析医療

腎臓内科医長 四本 三佳

経歴:
平成6年筑波大学医学専門学群卒業、
筑波大学附属病院にて研修
資格:
腎臓病、透析医療

TOP