血液内科

血液疾患は赤血球の病気、白血球・リンパ組織の病気、血小板・凝固因子の病気(出血傾向などをきたす病気)に分けられます。慢性に経過する疾患もあれば急性発症する疾患もあり、正しい判断と適切な治療が肝要となります。

専門病院での治療が必要となる場合もあり、随時連携を取りながら診療を行っています。


血液内科部長 成田 光朗

経歴:
平成4年順天堂大学医学部卒業、同年千葉大学第一内科入局。国立横浜東病院、千葉県がんセンターなどで研修。
資格:
医学博士

TOP