循環器内科

循環器内科

脳血管疾患を含めた心血管病による死亡率は既に癌などの悪性新生物の死亡率を上回る勢いで急増しており、早期発見と治療が必要です。その主因となるライフスタイルの欧米化に伴って増加している動脈硬化性疾患、すなわち高血圧症、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、末梢および大血管疾患などが主な診療対象です。

当科では、個々の動脈硬化リスクを検討したうえで体の負担を考慮した検査を選択して、心臓や血管の病変進展を評価します。超音波(頚動脈・心臓・末梢血管)、動脈硬化検査(脈波など)、携帯型心電図・血圧計や負荷試験によって初期診断し、適切な各種画像診断(CT・MRI・RI・PET)や血管造影検査を行います。治療においては、緊急時や大手術が必要な場合でも病々連携体制の確立により円滑な治療に臨むことができます。

そのほかにも不整脈、心臓弁膜症や下肢静脈瘤などの評価や治療も行っております。また、現在の高血圧治療が適切であるかの評価やオーダーメイド治療も行っておりますので是非お気軽にご相談ください。(循環器内科 金井正仁)


循環器内科部長 金井 正仁

経歴:
昭和62年東邦大学医学部卒業、東邦大学医学部大森病院第一内科入局、平成3年東邦大学医学部佐倉病院内科移籍
資格:
医学博士 日本内科学会認定専門医 日本心臓血管内視鏡学会理事 日本血管治療学会評議委員
専門:
循環器内科

TOP