整形外科

整形外科では運動器の病気とケガを治療します。運動器とは骨・筋・腱・関節・靱帯など運動に関わる組織の総称で、頚部以下の運動器を治療の対象としています。

運動器の傷病の中で圧倒的に多いのが、疲労や老化を原因とする炎症性疾患と外傷です。運動器の炎症性疾患と外傷のほとんどは痛みが主症状になります。運動器以外からも痛みは出現しますが(例えば内臓)、運動器からの痛みは、運動に伴う痛みであることが特徴です。したがって、安静時痛が主症状である場合、内科、消化器科、循環器科等の対象になる場合があります。

多くの痛みは、投薬・理学療法(リハビリテーション)等の保存方法で症状が軽減しますが、手術を検討しなければならない場合もあります。当院で手術できない場合には、他の医療施設を紹介させていただきます。また、老化を基盤にした疾患の場合、症状を完全に消失させることは困難で、上手に付き合う術を習得することが必要になります。

TOP