近年の歯科治療は、さまざまな変化を見せています。すなわち、歯の切削量をできるだけ少なくし、歯と接着する、セラミックスの微粉末を含むプラスティック(コンポジットレジン)を使って修復する「体にやさしい治療法」が重要であり、歯を最も長持ちさせる治療法として推奨されています。

山王病院歯科診療所では、患者様ができるだけ永くご自分の歯で咬めるように、“痛くない歯科治療、歯を削らない歯科治療”を最優先しています。また、従来の金属材料を使わないセラミックスによる修復や、金属のバネを使わないために外見にも目立たない部分入れ歯など、患者様の審美性の要求を満たす新しい材料や治療を実践しています。

一方では、患者様のお口の清掃習慣をより効率的に指導することによって、“治療よりも予防”を重視する歯科衛生指導も実践しています。さらに耳鼻科など他科との連携により、睡眠時無呼吸症候群の治療に用いる口腔内装置の装着、関連福祉施設での口腔ケアにも積極的に取り組んでいます。

歯科における主な診療内容

  • 歯に接着するプラスティック材料を用いた、「歯を削らない、痛くないむし歯治療」
  • オールセラミックスを用いた審美修復
  • 金属を使わない、審美的な部分入れ歯
  • 歯科衛生士による口腔ケア
  • 耳鼻科との連携による睡眠時無呼吸症候群の口腔内治療装置の作製

受診案内

9:00〜12:00
14:00〜17:00

※全診療、予約制となります。
※土曜午後および、日曜・祝日は終日休診となります。


歯科部長 伊藤 和雄

経歴:
昭和50年東京医科歯科大学歯学部卒業、昭和54年東京医科歯科大学大学院修了、同年昭和大学歯学部講師、昭和57~58年デンマーク王立歯科大学客員研修員、昭和59年昭和大学歯学部助教授
資格:
歯学博士
学会等:
日本歯科保存学会、日本接着歯学会、日本歯科理工学会

歯科医長 楠 みづほ

経歴:
平成9年 昭和大学歯学部卒 昭和大学歯学部歯科保存学教室入局
資格:
歯学博士
学会等:
日本歯科保存学会会員、日本接着歯学会、日本歯科理工学会

TOP